1. ホーム
  2. タップル誕生
  3. ≫タップル誕生を攻略する使い方はこれだ!

タップル誕生を攻略する使い方はこれだ!

チャーンスターイム!!ボーナスタイム!!

脳みそとろけ始めてると思われそうな恋活お姉さんです。※飲んでます。

今日はタップル誕生の攻略法で大事なチャーンスタイムをご紹介。

アメブロで有名なサイバーエージェントが運営するタップル誕生が何と ページを見ると毎日3000人登録と書いてますが本当だったらめちゃくちゃ大人気ですよね。

今回はタップル誕生で理想的な相手に出会いたいと思ってるあなたのために私が実際に使っております攻略方法を紹介します。

基本的な使い方は→タップル誕生の評価を本音の評判で調査

※ちなみにタップルは現在あまり使っていないお姉さん。現在はこちらでございます。
『変わってるね』といわれる私が1か月で4人とデートしたアプリ

タップル誕生の攻略法:はじめがすべて

その恋活アプリでもそうですが最初の行動です全てが決まってきます結論から言うと無料会員登録直後にいかに自分の理想とする人に出会えるかというのが大きな鍵です。

特にタップル誕生で言えば無料会員登録直後の 30分間のボーナスタイムがあります。

このボーナスタイムは『チャンスタイム』で呼ばれていて30分間限定のサービスで、30人に『いいかも』をするまでフリックし放題という超嬉しいボーナスタイムです 。

なんでこんなに嬉しいのかというとタップル誕生は最初のプロフ設定などでプロフィールを見るためのカードが250枚くらいになりますログインボーナスで1日20枚のカードをもらえるので十分に相手の人のプロフィールを見れると思われがちですが、お気に入りの方ばっかりだったらいいんですけれど、いまいちの時はあっという間にカードが無くなります。

カードは運次第なので当りもあればはずれもあります。そうすると200枚なとあっというまです。

これがチャンスタイムの30分間はいくらでもフリックしていいわけです。

なんて幸せなんでしょうか相手のプロフィールが何枚でも30分間見れるんです。

1分間で10人だと300人。

これがもし20人だと600人のプロフィールが見放題です。

まさにハーレム状態

タップル誕生の攻略法:チャンスタイムを逃すな

実はこのチャンスタイム注意点がありますそれは登録していきなり始めるということですつまり自分では始まったタイミングが全くわからない

チャンスタイムの始まるタイミングはインストールを簡単な操作方法を使い方のデモが終わってすぐに始まるのですが、この時に写真や自己紹介基本プロフィールの設定が進んでいない状態なので早急にプロフィールを完成させてチャンスタイムを活用しなければなりません

なんと恐ろしいことでしょうここでもたもたしてるとチャンスタイムがまったくチャンスじゃなくなります。

つまりチャンスタイムが始まってから自己紹介文を考えたり、 写真を撮れを掲載しようか迷っていてはだめなのです恋活アプリの基本ですが、プロフィールが充実していないと、全くと言ってチャンスはありません、ですからすぐにプロフィールが完成できるよう自己紹介文などはあらかじめ用意しておきましょう

タップル誕生の攻略法:いいかも!は30人

ランタイムで気をつけておきたいのがいいかも送れるのは30人まで。 30人にいいかも!をするとその時点で終了。

30分を有効に使って自分の好みの人だけガンガンいいかも!しましょうここでは迷ったらどんどんフリックして高嶺の花をどんどん狙うべきです

タップル誕生は2択をしてどんどん選んでいくのですが 一度選択をした人のプロフィールは二度と表示されないのでこの30分間で自分の中でいいかもの候補にならないと思う子を極力削っておけば後々好みの人が出てくる可能性が高くなります。

このチャンスタイム30分間の時間を確保出来ない時は出来る時にタップル誕生を登録した方がいいですね。

本当に申し訳ございません。ここまで書いておいてなんですが・・・・。

ちなみにタップルよりも効率よく本当に出会えるサイトはあります。

こんな彼女が一杯います。

恋活サイト攻略するには事前の準備が大切です。

あなたも事前にしっかり準備をして恋活サイトを攻略してください。

もし本当に出会いたいならお姉さんおすすめのアプリを下にご紹介しますのでぜひ利用してみてください。登録も簡単ですよ(笑)

『変わってるね』といわれる私が1か月で4人とデートしたアプリ 登録してから6分23秒で相手が見つかったアプリ 婚活中の方に今すぐお勧めしたいすぐに相手が見つかるアプリ 高収入の男性と結婚したい人が見るべきサイトはこれ!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。