1. ホーム
  2. 出会い アプリ
  3. ≫出会いアプリを無料で課金なしで利用する方法

出会いアプリを無料で課金なしで利用する方法

こんにちは。恋活お姉さんです。

恋活サイトを無料で使うことはできませんか?そういうお問い合わせをいただきました。

たくさんある恋活アプリ、サイトですが無料で利用しようとすればありますが、メリットもあればデメリットもあり、そしてリスクや目的別でも考えなくてはいけません。

特に出会い系サイトやアプリは出会いたいという気持ちを逆手にとって本当に出会いたいと思っている人に限って騙されてしまう結末を迎えてしまうものです。

どうしても無料で出会いアプリを使いたいという人はリスクを考えて利用すればいいとは思いますが、利用はできても出会えないうえに無料だと思ったら課金されたということにならないようにまずはこの記事を読んでほしいと思います。

無料で利用できる出会い系アプリ

出会い系アプリを使うときに最初に考えることは

『無料で彼氏、彼女と出会いたい』

『メッセージを送るために課金されるのは・・』

『お金払って出会えなかったら?』

と考えるものです。

しかし、世の中でよく言うじゃないですか『タダほど怖いものはない』

出会い系アプリだってそうです。

タダで出会える!!なんて売り文句でつられていったらえらい目にあって高額の支払いになってしまったなんてニュース見ませんか?

私はそれを見るたびに『また無料サイトにまた引っかかって』と悲しくなります。

よく考えれば出会いアプリ、サイトはなんで運営しているかといえば『商売』ということはわかるはず、無料で出会える代わりに払う代償があるということに気づいていない人が多いのです。

無料で会いアプリ、サイトの運営者は公安委員会の許可を得ていないことがほとんど。そのサイトは非合法で運営されているので、安全に安心して出会いたいなら有料会員登録が必要とされているサイトを活用するのが必須です。

有料のアプリサイトでも、登録は無料ですし、女性はほとんどのサービスで利用料金が無料、男性でも月1,400円ほどで利用できる有料サイトもあります。

さらに、無料で利用できる範囲もあり、お試しだけなら十分無料で利用できる出会いアプリ、サイトがほとんどです。

有料出会いアプリの仕組み

有料出会いアプリ、サイトは登録については無料が多いですが、ある程度の利用範囲が限られています。

ほとんどのサービスでは

・プロフィールは見れるけど写真だけで、詳細が見れない。

・いいね!は送れるけど、返事ができない。

・せっかくマッチングしたのにメッセージのやり取りができない。

といった肝となるところは有料です。

しかも、男性会員ばかり有料であることがほとんどです。

これは、女性がいないと男性会員が集まらないという、運営側の都合によりますが、一時期はサクラといって、運営側が用意した女性が多くいたりといったサイトがありましたが、今は大手が参入してきたので、そういうサービスを選べば、サクラ、業者といった悪徳利用者がいません。

もちろん、無料でできる範囲で利用ができますが、せっかくマッチングまでして連絡できないのは寂しいですよね。

有料出会いアプリの収入は何に使われているの?

有料出会いアプリの収入は広告、アプリ開発費、運営費に使われています。

運営側が会員を集めるには当然宣伝をしなければいけないので、広告宣伝費がかかります。

せっかくサービスを始めても会員が集まらなければ、会社にとって利益にならず、むしろ損失となってしまいます。そうならないためにも膨大な金額の広告宣伝費をプロモーションに使っています。

さすがにCMはあまり聞かないですが、(ゼクシィはやってました・・・)女性雑誌、男性雑誌、新聞、インターネット広告、ラッピングカー、看板など見かけたことがあるのではないでしょうか?

また、アプリの開発費もばかになりません。複雑なマッチングサービスになればなるほど開発に時間と労力がかかるので費用はすごいんですよね。

その点サイトは簡単にできるのと、アプリを登録する際の審査がないので運営しようとすれば、セキュリティーの面では緩いと考えてもいいでしょう。

アプリを作るということはそれなりのパワーが必要です。

出会いアプリを作るって大変なんですよね。

実際に恋活アプリを使った結果:NO1はwithでした。

メンタリストDaiGo監修のマッチングサービスの『with(ウィズ)』

『with(ウィズ)』は女性が完全無料!!婚活サイトではスタンダードですが女性が無料で使えるサイトは男性が集まるのでマッチング率も高い!!

『メンタリストDaigo』が監修する心理学×統計学を基に様々なコンテンツが用意されているのと占いもあるので20代女性の利用が増えて勢いがあるので賑わいが違います。

恋活アプリをお探し中ならwithを試してみてくださいね。

with(ウィズ)詳細ページはこちら
with pairs(ペアーズ) PC MAX ワクワクメール
会社名  (外資系超優良企業)
サクラ・業者率
ほぼ0%
ほぼ0%
30%~40%
70%以上
身バレしない
絶対しない
絶対しない
絶対しない
絶対しない
マッチング率
80%以上
80%以上
80%以上
50%以上
会員の質
真剣に恋愛をしたい20代会員が多い(メンタリストDaiGo監修の恋愛婚活マッチングサービス)
年齢層は幅が広くまじめに婚活を考えている人が多い【会員数日本一】
老舗だけに多様な目的の人が多いが、恋活で本気の人もいる。
ほとんどが水商売の方が多いので好みによる
価格
女性は0円、男性は1,400円/週~業界最安値
女性は0円、男性は3,480円/月~
女性は0円、男性はポイント制(閲覧10円、メッセージ200円)
女性は0円、男性はポイント制(閲覧20円、メッセージ50円)
総合評価 丸5個 丸4個 丸3個 丸2個
公式サイト詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ

実際に活動した恋活アプリを比較してみましたが、今のところwithが一番良かったことがわかりました。

ぺアーズやpcmaxといった人気のアプリも使い方によってはwithをしのぐかもしれません。

ほかにも、マリッシュ、Mr&Missなどもありましたが今回はランキング圏外。

比較してみると恋活アプリでも会員の質や料金などいろいろと違うのがわかって面白いですね。

以下はさらにランキング1,2,3位の詳細を載せてみましたのでどうぞ。

1位:with(ウィズ)

サクラ・業者率 会員数 会員の質 人気度
ウィズ
ほぼ0%
約25万人
真剣に恋愛をしたい20代会員が多い
丸5個

出逢いを本当にしたいならNO1の『with』

サクラも業者もおらず、無料で使えるイベントが多いのと女性に人気があるアプリなので必然的にマッチング率が高いのが特徴です。

女性会員の70%が20代ということもあって、恋愛を積極的にしたいという女性が多いので出逢いを求めるなら最適な恋活アプリ。

料金も業界最安値の1870円。女性は無料。

そして、メンタリストDaiGoが監修しているアプリなので所々で心理学を用いだ出逢いがあるのでワクワクしながら楽しめます。

今恋活アプリで出会うならwith(ウィズ)

with(ウィズ)詳細ページはこちら

2位:ペアーズ(pairs)

サクラ・業者率 会員数 会員の質 人気度
ペアーズ
ほぼ0%
約570万人
年齢層は幅が広くまじめに婚活を考えている人が多い
丸4個

ペアーズはサクラ、業者がいないだけでなく、最大級の会員数570万人という規模が最大の強みです。

ですから、出逢いが次から次へと進むのでアクティブに恋愛したい人にはうってつけ。

出逢えないということがなくなります。

女性も男性も積極的なのでアクティブ大好き好きにはたまらない恋活アプリです。

pairs(ペアーズ)詳細ページはこちら

3位:PCMAX(ピーシーマックス)

サクラ・業者率 会員数 会員の質 人気度
PCMAX
30%~40%
約900万人
遊び目的の男女が多い
丸3個

PCMAXといえば本当に老舗といってもいい出逢いサイト。

ちょっと寂しいから、時間があるからというときに使いたいサイトです。

そして、アクティブ会員数が多く、幅広い年齢層の会員が登録していることでも有名。

常にアクティブに動いている人がいるのでちょっと会ってみたいなと思ってもすぐ出会えてしまうのがこのサイトの強みです。

寂しいなって思ったら即PCMAX

PCMAX詳細ページはこちら

本当に出会えるアプリは会員の移動が激しい

出逢えるアプリの特徴は会員がアクティブだということ。

アクティブだということは行動的なので移動も早い!!

モテる会員ほど短期で移動してしまうというのが今の恋活アプリの特徴です。

この間にもイケメン、美女は移動しているかも?

出逢うチャンスは数少ないかもしれませんがチャンスを逃さないように今旬のアプリに登録して会員をチェックしてみましょう。

今旬のアプリはこれ!!

メンタリストDaiGo監修のマッチングサービスの『with(ウィズ)』

今一番旬のアプリです。

『with(ウィズ)』は女性が完全無料!!婚活サイトではスタンダードですが女性が無料で使えるサイトは男性が集まるのでマッチング率も高い!!

『メンタリストDaigo』が監修する心理学×統計学を基に様々なコンテンツが用意されているのと占いもあるので20代女性の利用が増えて勢いがあるので賑わいが違います。

恋活アプリをお探し中ならwithを試してみてくださいね。

with(ウィズ)詳細ページはこちら