1. ホーム
  2. 恋活
  3. ≫婚活を辛いと思っているあなたへ|原因と対策を教えます

婚活を辛いと思っているあなたへ|原因と対策を教えます

苦しくって苦しくって死にそう!!胸が痛い・・・。はー

婚活・恋活をしているときにこんな辛い思いをしたことはありませんか?

仕事でも婚活・恋活でもそうですが、つらい思いをしていていい方向に進むことは少ないです。疲れを感じたら休息をしてください。

そんな時こそ自分自身を見つめなおす絶好の機会です。硬くなっている心と体をほぐして、自然体に戻して日ごろの生活にゆとりを取り戻せば、婚活・恋活も余裕をもって行えるでしょう。

今日は婚活・恋活で辛くなってしまった時の原因と対処法をご紹介します。

婚活・恋活が辛くなってしまう原因とは?

婚活・恋活は始めたころは希望に満ちているので楽しいことばかりですが、しばらくすると現実と夢のギャップで苦しい時期がやってきます。特にマッチングしない、出会いがない、失敗をしてしまったということが起こると『もう、婚活やめたい』『恋活はもういい』と思ってしまいがち、そんなつらいサイクルから逃れるために婚活が辛い苦しいと思う原因と対策が欠かせません。

ここではそんな人のために婚活・恋活がつらくなってしまった時の原因をご紹介します。

自分をアピールできなくて・・失敗

やっと理想的な異性と会えたのに、うまくアピールできずに他の人とマッチングしてしまった。こんな体験はよくある話ですがショックですよね。

自分を相手にわかってもらうためにアピールするのは簡単そうで実は慣れていない人にとっては大変勇気がいるもの。自分を知ってもらおうと焦って押しが強くなってしまったり、逆にいつも通りでいようとするあまりアプローチする間隔が長くなったり、婚活・恋活って大変です。

気があるだけに自然体でいるのが難しいのはわかります。そんな時は無理せずにちょっとブレイクを入れて再挑戦するのはどうでしょうか?

一息入れるだけでもかなり違うはずですよ。

相手とうまくいかない・・。

婚活中に一番つらいのが『相手とうまくいかない・・』ことほど辛いことはないのではないでしょうか?

好きだと思う相手だけに『もしこれが失敗したら・・』とネガティブに考えがち。それが相手にも伝わってうまくいかないなんてことが多々あります。

最初はいいと思ったのにといった時こそ、ちょっとしたことでうまくいかなくなってしまうことがあります。どうしてなんだろう、なぜなんだろうと一人考えると立ち直るのも遅くなりますし、理由がわからないのに考えても暗くなるだけです。

もし自分に原因があるとしたら対策も立てられますから、ちょっと距離を置いてみるのもいいかもしれません。

年収、学歴、職業で決められる

男性で一番つらいのが年収、学歴、職業の話になったときに、一瞬にしてその場の空気が変わる瞬間がつらいですよね。

逆に前のめりになってきてもらうと好感を持ってもらえたんだなと安心しますが、空気が若干冷えたなーってときは正直かなり落ち込むと友達の男性が言ってました。

結局年収、学歴、職業で見られているとわかると悲しいものですし、男性にとって全人格を否定された感覚に陥るようです。

彼曰くそうなったら速攻でこっちから離れるといっていました。傷が深くなる前に離れることがいいかもしれません。

年齢や容姿が重要視されてしまう

人間のコミュニケーションの方法として大事なのが見た目ということは否定できない事実です。でも生まれつき持ったものに変えろと言っても無理な話。

年齢だって変えられないし、容姿だって大きく変えることは難しいです。

特に年齢が30代を超えるとあきらめの境地に陥りやすく、さらに自分自身に自信が持てなくなってしまう方が多いようです。

でも考えてください。変えられないものより変えれるものがあるはず。そのことに気づけば少しは気が楽になるはず。

仕事と婚活を両立できない

婚活が辛いのは、結婚できいないことがつらいのではありません。むしろそこに至るまでの障害がつらいのです。特に仕事をしている方は結婚もしたいけど仕事も両立したいと思っている方が大半です。

平日は一生懸命働いて、息抜きどころか婚活のためにパーティーに行き、合コンなどにも行くのは体力がいりますし、気力も続きません。結婚を焦っていると仕事もおろそかになりますし精神的にも不安定になって仕事も婚活もままならなくなっていきます。

せっかくやりたいと思っていた仕事なのに結婚願望とのはざまに立たされてどうしたらいいのかわからなくなる時もあるでしょう。正直に言えば支えてくれるパートナーさえいればとさらにのめりこむ可能性もあります。

辛いと感じるなら一度どちらかにしてしまったほうが後々、自分自身を取り戻すことになるのではないでしょうか?

不規則な生活になり辛い

婚活・恋活に集中すればするほど、仕事の後の時間、合間、朝など空いた時間をそれに使おうとしてしまします。しかし、それでは休憩する暇がありません。

しかも、もし休息をとっても代わりにどこかで頑張ってしまうのが婚活・恋活で頑張っている人の特徴でもあります。

せっかくの休日を婚活・恋活で使ってしまって疲れて、仕事に行くようでは長続きするわけがありません。ストイックになりすぎるほど心と体がボロボロになってしまいます。

また、そういう傾向の人に特徴的な『燃え尽き症候群』となってしまう傾向もあるのです。何事もほどほどが一番ですし、そうできないとわかっているならなおさらだと思います。

相談する人がいない

ここまで書いてきた原因について聞いてくれる人、相談できる人がいるだけで大きな問題になることが減少できます。近くに聞いてくれる人、経験者がいるだけで自分の視野が狭くなっていないか?その行動は嫌われないかなどの判断ができるようになります。

ちょっとしたアドバイスが時には、気を楽にし婚活・恋活を成功に導く可能性もあるのです。もし近くにそういう人がいたら迷わず相談をしたほうがいいと思います。

婚活・恋活が辛いと思う時の対策

上の記事では婚活・恋活が辛いと思う瞬間を私なりに紹介してみました。この先はつらいと思った時の対策を考えてみました。どの対策でも決して自分自身無理をしないこと、自分自身を崩すないことを自分自身ができる範囲でやれるようにすることを念頭に考えています。

婚活・恋活もそうですが、自分ができることを可能な範囲でやっていくことこそ、つらいと思わない秘訣ではないでしょうか?

婚活・恋活がうまくいかない原因を探す

婚活・恋活がうまくいかないのには原因があります。

失敗した時こそ、自分自身を見るのは嫌なものですが、その時に振り返ってみるのが一番効果的です。

なぜなら、ミスをしたことを鮮明に覚えているからです。

もし、うまくいかなかった原因がわかったらそれを補う自分のアピールポイントを表に出すとか、補うための習い事をするとか、自分自身の装いを変えてみるとか何か変化が必要になるはず。

失敗はしょうがないとしても何回も同じパターンで失敗はしたくないですよね。

そのためにも原因をつかみ、自分自身で変化しない限り、大きな成功はつかめないでしょう。

ライフスタイルを見直してみる

今の生活習慣に無理はありませんか?あなたが本気で婚活・恋活がうまくいかないと思っているなら、そして成功したいと思うなら思い切って変えてしまうことも一つの成功への道筋です。

日常に余裕がなければ、気持ちに余裕がないので相手との会話も楽しくないですし、どこかに行っても得るものもないでしょう。まずは心の余裕こそが婚活・恋活を成功に導く鍵なのです。

今の生活習慣を見直して、十分余裕のある婚活・恋活にしてみてはどうでしょう?

思い切って婚活・恋活をやめてしまう

ここまでの原因と方法をたどってきてそれでも婚活・恋活に疲れてしまった。辛くなってしまった。というならいっそ休憩しましょう。

婚活・恋活を始めるにまた始めたいと思ったときに始めればいいことなのです。

強制されて婚活・恋活をしているわけではないので、好きな時にはじめ、好きな時に始めればいいのです。

婚活・恋活を辛いと思っていませんか?

本当は結婚したいのに結婚できない。そんな婚活は疲れてしまします。そして焦って焦ってしまうのでうまくいくものさえうまくいかないことがあります。そんな時はちょっとブレイク。

周りは周り、あなたはあなた、婚活・恋活はあなたが幸せになるために行っているのです。決して義務や強制ではありません。

疲れた、辛い時にはゆっくり休んで次のチャンスを掴む準備をすれば、きっとあなたが会いたいと思う人に会えるはずですよ。