1. ホーム
  2. 恋活
  3. ≫恋活アプリ・サイトで成功するためのコツとは?

恋活アプリ・サイトで成功するためのコツとは?

恋活アプリで会いたいと思う人に出会えてますか?

こんにちは。恋活お姉さんです。

今回は恋活サイト・アプリを利用していて相手を探す方法を探ってみました。

誰だって会いたい!!

その思いを達するためにちょっとの勇気と努力でできるとしたらこの先を読んでください。

恋活サイト・アプリのコツ:相手を探す方法は?

相手探しの方法で一番やるのが検索で探す方法ですが、恋活サイト・アプリで検索すると以外にランダムで出てくることが多くないですか?これって適当じゃないかなって思うときありますよね。

しかーしこれは実はシステム上、マッチングしやすい順番で随時更新しているからそうなるのです。ですから検索機能を使うのがマッチングしやすい方法なんですね。

恋活サイト・アプリのコツ:検索機能を使う

各サイト・アプリでそのシステムごとの設定がありますが、検索機能で探すのは実は効率がいいのです。

例えば同じ趣味の人がマッチングしやすい傾向ならそれでマッチングしたほうがいいですし、同じ地域でマッチングしやすいならその条件で検索ができるようにシステム上設定したほうがいいと思いますよね。

各システムで違いますが、マッチングしやすい条件があって、それがずべての利用者に適用されることで実はマッチングしやすい人を表示しているようです。

また、裏技があってプロフィール写真を変えた人が即座に検索結果に反映されるなど、様々な仕掛けがあります。基本的にはログインを定期的にしてプロフィールも更新している人のほうが検索されやすいということです。

恋活サイト・アプリのコツ:タイムラインを使う

恋活サイト・アプリではタイムラインというのがあります。これはアクティブな人を表示しようという仕組みで、自己紹介を変えたとか、写真を変えたとかという人が表示されます。これもちょっとした工夫が運営でしていまして、遠くの人より近くに住んでいる人が表示されるようになています。

アクティブな人を表示したほうがレスポンスも早いですからマッチングしやすいですよね。

恋活サイト・アプリのコツ:足あとを使う

恋活サイト・アプリでは訪問者の足あとというのが見れます。自分のプロフィールを見てくれた人のことなので少なくとも興味を持ってくれたはずだと思います。

男性の場合、女性の足跡が多いと、もしかして自分に興味があるかな?と感じる人が負いようです。

女性だと男性からの足あとは逆に警戒してしまうようです。

男女の違いで女性のほうは警戒しやすいのであまり多く足跡をつけないよう気を付けましょう。

要するに紙一重ということですが、足あとがつけていった人がいい人だなって思ったら男女問わずこれがきっかけでマッチングする人もいるそうなので侮れません。

恋活サイト・アプリのコツ:男女別マッチングの特徴

それではマッチングしやすい男女の違いとは何でしょうか?

ここはまず、男女別にどうやって探すのかを探ってみました。

男性は片っ端から好みの女性をいいね!して数を増やす傾向にあります。プロフィールは写真だけ見てまず読む前にいいね!を押すという戦略ですね。

残念ながら外見でまずいいね!を押すか決めてしまうのが男性。

逆に女性は本当に詳しく見ます。自己紹介、詳細プロフィールをじっくり見てどうしようかを考えてからいいね!を押します。女性の場合は男性が自己紹介で何を書いているのかをきちんと見ているのです。

男性の諸君。自分が写真しか見ないからと言って、プロフィールの自己紹介文をあいまいに書いていると損をしますぞ

恋活サイト・アプリのコツ:写真を有効に使う

実はマッチングしやすい方法は写真にありました。

え~男性だけじゃなかったの?と言われそうですが・・。写真も傾向があります。

なんといっても正面で笑顔!

たったこれだけ?と言われそうですが・・・。これだけでもかなりの破壊力があるのです。

大切なのは実際にあったときにどんな顔をしているかが重要です。実際会った時に安心と期待を裏切らないことが重要なのです。

もしあなたがの写真が正面で笑顔でないなら今すぐ変えてください。それだけでもマッチングの確率が大きく変わりますよ。

実際に恋活アプリを使った結果:NO1はwithでした。

メンタリストDaiGo監修のマッチングサービスの『with(ウィズ)』

『with(ウィズ)』は女性が完全無料!!婚活サイトではスタンダードですが女性が無料で使えるサイトは男性が集まるのでマッチング率も高い!!

『メンタリストDaigo』が監修する心理学×統計学を基に様々なコンテンツが用意されているのと占いもあるので20代女性の利用が増えて勢いがあるので賑わいが違います。

恋活アプリをお探し中ならwithを試してみてくださいね。

with(ウィズ)詳細ページはこちら
with pairs(ペアーズ) PC MAX ワクワクメール
会社名  (外資系超優良企業)
サクラ・業者率
ほぼ0%
ほぼ0%
30%~40%
70%以上
身バレしない
絶対しない
絶対しない
絶対しない
絶対しない
マッチング率
80%以上
80%以上
80%以上
50%以上
会員の質
真剣に恋愛をしたい20代会員が多い(メンタリストDaiGo監修の恋愛婚活マッチングサービス)
年齢層は幅が広くまじめに婚活を考えている人が多い【会員数日本一】
老舗だけに多様な目的の人が多いが、恋活で本気の人もいる。
ほとんどが水商売の方が多いので好みによる
価格
女性は0円、男性は1,400円/週~業界最安値
女性は0円、男性は3,480円/月~
女性は0円、男性はポイント制(閲覧10円、メッセージ200円)
女性は0円、男性はポイント制(閲覧20円、メッセージ50円)
総合評価 丸5個 丸4個 丸3個 丸2個
公式サイト詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ 詳細へ

実際に活動した恋活アプリを比較してみましたが、今のところwithが一番良かったことがわかりました。

ぺアーズやpcmaxといった人気のアプリも使い方によってはwithをしのぐかもしれません。

ほかにも、マリッシュ、Mr&Missなどもありましたが今回はランキング圏外。

比較してみると恋活アプリでも会員の質や料金などいろいろと違うのがわかって面白いですね。

以下はさらにランキング1,2,3位の詳細を載せてみましたのでどうぞ。

1位:with(ウィズ)

サクラ・業者率 会員数 会員の質 人気度
ウィズ
ほぼ0%
約25万人
真剣に恋愛をしたい20代会員が多い
丸5個

出逢いを本当にしたいならNO1の『with』

サクラも業者もおらず、無料で使えるイベントが多いのと女性に人気があるアプリなので必然的にマッチング率が高いのが特徴です。

女性会員の70%が20代ということもあって、恋愛を積極的にしたいという女性が多いので出逢いを求めるなら最適な恋活アプリ。

料金も業界最安値の1870円。女性は無料。

そして、メンタリストDaiGoが監修しているアプリなので所々で心理学を用いだ出逢いがあるのでワクワクしながら楽しめます。

今恋活アプリで出会うならwith(ウィズ)

with(ウィズ)詳細ページはこちら

2位:ペアーズ(pairs)

サクラ・業者率 会員数 会員の質 人気度
ペアーズ
ほぼ0%
約570万人
年齢層は幅が広くまじめに婚活を考えている人が多い
丸4個

ペアーズはサクラ、業者がいないだけでなく、最大級の会員数570万人という規模が最大の強みです。

ですから、出逢いが次から次へと進むのでアクティブに恋愛したい人にはうってつけ。

出逢えないということがなくなります。

女性も男性も積極的なのでアクティブ大好き好きにはたまらない恋活アプリです。

pairs(ペアーズ)詳細ページはこちら

3位:PCMAX(ピーシーマックス)

サクラ・業者率 会員数 会員の質 人気度
PCMAX
30%~40%
約900万人
遊び目的の男女が多い
丸3個

PCMAXといえば本当に老舗といってもいい出逢いサイト。

ちょっと寂しいから、時間があるからというときに使いたいサイトです。

そして、アクティブ会員数が多く、幅広い年齢層の会員が登録していることでも有名。

常にアクティブに動いている人がいるのでちょっと会ってみたいなと思ってもすぐ出会えてしまうのがこのサイトの強みです。

寂しいなって思ったら即PCMAX

PCMAX詳細ページはこちら

本当に出会えるアプリは会員の移動が激しい

出逢えるアプリの特徴は会員がアクティブだということ。

アクティブだということは行動的なので移動も早い!!

モテる会員ほど短期で移動してしまうというのが今の恋活アプリの特徴です。

この間にもイケメン、美女は移動しているかも?

出逢うチャンスは数少ないかもしれませんがチャンスを逃さないように今旬のアプリに登録して会員をチェックしてみましょう。

今旬のアプリはこれ!!

メンタリストDaiGo監修のマッチングサービスの『with(ウィズ)』

今一番旬のアプリです。

『with(ウィズ)』は女性が完全無料!!婚活サイトではスタンダードですが女性が無料で使えるサイトは男性が集まるのでマッチング率も高い!!

『メンタリストDaigo』が監修する心理学×統計学を基に様々なコンテンツが用意されているのと占いもあるので20代女性の利用が増えて勢いがあるので賑わいが違います。

恋活アプリをお探し中ならwithを試してみてくださいね。

with(ウィズ)詳細ページはこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA