1. ホーム
  2. 恋活
  3. ≫恋活アプリ・サイトを利用している時のセキュリティーは?

恋活アプリ・サイトを利用している時のセキュリティーは?

セキュリティーの観点からみると恋活・婚活サイト・アプリを利用しているときにそんなに気にしているでしょうか?

こんにちは。恋活お姉さんです。( ´∀` )

お姉さんは気にしますよ。ちゃんとね。どんな感じかなーって調べてみます。

今回はそんな、恋活サイト・アプリを利用するするにあたり、セキュリティー面をチェックしたいと思います。

チェック!!

恋活サイト・アプリの利用:セキュリティー面

1、ワンクリック詐欺、偽サイト、偽アプリ

これは結構悪質です。本物そっくりに作っているので気づかなかったりして、個人情報を取られてしまったりして、後で散々な目に合わないようにしましょう。

やり口としては公式サイトと見せかけて偽サイトに登録させて個人情報を盗む方法や、リンクをクリックすると、全然違う有料サイトに飛ばされて、いきなり不正請求画面が表示されてしまうなど、悪質です。

対策としては、公式サイトのURLなのか確認をする。もしくは検索サイトからサイトにアクセスするなど、信用できるサイトもしくはリンクからアクセスするようにしましょう。

もし、架空請求が来ても払う義務は全くありません。これにビビッて払ってしまう方がいますが、無視して結構です。ただ、悪質だとページが閉じられない、毎回表示されるなどの嫌がらせとしか思えない行為が続きますのでそういった場合はPCならばブラウザのキャッシュを削除する。PCを初期化するなどもとからデーターを消してしまえば問題ありません。

もし、相手に電話番号などを知られてしまったら、あくまで無視と拒否を貫きましょう。あちらは強硬に出てくるかもしれませんが、話をしないことと無視して拒否することが大事です。

2、不正な手段でアプリをインストールさせる

お姉さんも一歩手前まで行きました。イケメンとマッチングして何回かメッセージのやり取りをした後、自分のブログを見てほしいとか言われて、なんか怪しいな…と思ったらやっぱりでした。そのサイトを検索したらやばいサイトだったのでクリックしませんでしたが、クリックしていたらウィルス感染していたかもしれないと思うとぞっとします。

対策としては、どんなに仲良くなっても使い捨てできるアドレスで連絡を取り合うことと、他のサイトを進められても、うかつにすぐクリックしないこと。

業者は魅力的な写真やプロフィールで取り込もうとしてきますからそれに騙されないようにしましょう。

3、リベンジポルノと恐喝

最近はないですけどちょっと前まではプロフィール写真とかは結構おおらかでHなものとか多かったんですけど、それが恐喝の原因や、フラれてしまった相手のリベンジポルノの原因となることもあったんです。

載せるほうも載せるほうですが、でもH写真を載せるとアクセスがすごくいいんですよね。アクセスアップの方法で使ったものかもしれないですが後々のことを考えれば最初から載せないほうがいいです。

また恐喝されても、断固拒否してできればメールがあればそれを保存、もしくは音声であれば保存して、警察に行けば大体対処はしてくれるはずです。まずは恐喝、脅しの類は証拠を取りましょう。

恋活サイト・アプリの利用:こんなサイトやアプリは注意

よくあるのが検索されてもすぐにわからないように、大手の名前と似ていたり、URLが一文字違ったりするサイトがあります。

アディダス→アジダス、アデダス

プーマ→クーマ、フーマ

1、URLが似すぎ

実在するサービスのURLとほとんど同じで、.COMが.INFOとかになってたりする手口があります。

ですからよーく確かめてからリンクはクリックしましょう。

2、PC版がない

スマホだとパソコンのように複数のウィンドウで比較することができないので、どんなサイトなのかを比べることができません。特に悪い口コミ、評価などがある場合などは気を付けましょう。

3、送受信メールが保管できない

サクラを利用しているサイトはメールの保管期間が限られています。これはサクラを使用している証拠を残させないための手口ですから、メールなどで制限がある場合は気を杖ましょう。

恋活サイト・アプリの利用:個人で気を付けること

ネット時代の個人情報は自分で守らなくてはなりません。これは個人個人の自己責任で教えてはいけない情報の線引をしっかりして、やり取りは慎重に行いましょう。

1、公開して問題ない情報

・本名とは関係ない名前

・年齢

・住んでいる地域(関東とか)

・仕事(業種のみ、会社員とか)

2、信頼がおける人にのみ教えてもいい情報

・名前(下の名前のみ)

・写真(本人が特定できない写真もしくはイラスト)

3、誰にも教えてはいけない情報

・住所

・生年月日

・勤務先

・身分証明書

・金融機関の情報

恋活サイト・アプリの利用:身分証を送るときの注意

サイトでは未成年の使用を防ぐために、18歳以上であることの確認として身分証の写真を送る必要があります。

この時、確認をしたいのは年齢ですので、生年月日と名前以外はモザイクをかけるなどして情報が露営するのを防ぎましょう。

また、収入の確認をするサイトもありますが、その場合も同じです。必要な情報以外は隠したほうがいいです。

恋活サイト・アプリの利用:安全なサイトの見分け方

安全なサイトの見分け方をご紹介します。会員数、口コミ、評判などがあるのですが、まず確認しべき項目があるのでそれをもとにチェックしてみましょう。

1、インターネット異性紹介事業番号が記載されている

インターネット異性紹介事業を行う業者は事業を行う前日までに届け出を所轄警察署長を経由して公安委員会に提出する必要があります。

これには厳選な審査がありますので、ちゃんと提出して許可が出ているサイトには受理番号が掲載されていますので、利用するときは記載があるかを確認しましょう。

2、運営会社が信頼できる

運営会社が上場企業だと、問題があれば社会的責任を取ることが要求されますし、収益にもダイレクトに響いていきます。その反面、信頼性には厳重な管理が施されていますから、会社概要や特定商取引法などのページがしっかりしていて記載があるサイトを選びましょう。

3、身分証明書の確認が厳密

身分証明書の確認があまり厳密だと会員数が少なくなるのですが、これをやっておくと逆に変な会員が少なくなります。まったくいなくなるということではないですが、いない可能性が極めて低くなります。登録が面倒になりますが安全性とは密接な関係がありますので面倒だと思わないでくださいね。

4、SSLを導入している

サイトのユーザー情報、クレジットカード、パスワードなどを暗号化で保護し流失しないようにする技術です。URLがhttps://になっていれば導入されています。

セキュリティー面でちゃんとしているのかをチェックしましょう。

恋活サイト・アプリの利用:安全な利用の仕方まとめ

どんなサイトであってもしっかり知識を身につけ、悪意あるサイトや人の言いなりになることを避け、対処法を知っていればリスクを下げ安全に利用することができます。

多くの運営会社は日々の努力により利用者が安全に利用できるようにサービス運営を行っています。

しかし、知識がない個人の気のゆるみからトラブルになることもあります。

そういったことにならないように知識を身につけた上で利用しましょう。

実際に恋活アプリを使った結果:NO1はwithでした。

メンタリストDaiGo監修のマッチングサービスの『with(ウィズ)』

『with(ウィズ)』は女性が完全無料!!婚活サイトではスタンダードですが女性が無料で使えるサイトは男性が集まるのでマッチング率も高い!!

『メンタリストDaigo』が監修する心理学×統計学を基に様々なコンテンツが用意されているのと占いもあるので20代女性の利用が増えて勢いがあるので賑わいが違います。

もし本当に出会いたいならお姉さんおすすめのアプリを下にご紹介しますのでぜひ利用してみてください。登録も簡単ですよ(笑)

『変わってるね』といわれる私が1か月で4人とデートしたアプリ 登録してから6分23秒で相手が見つかったアプリ 婚活中の方に今すぐお勧めしたいすぐに相手が見つかるアプリ 高収入の男性と結婚したい人が見るべきサイトはこれ!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。