1. ホーム
  2. 恋活
  3. ≫恋活大学生が増加中!恋人募集に恋活アプリが断然良いワケとは?

恋活大学生が増加中!恋人募集に恋活アプリが断然良いワケとは?

こんにちは。恋活お姉さんです。

恋活とはそもそも『恋人を探す活動』のことです。ですからアクションを起こさないといつまでたってもおひとりさまですよね。

行動にも2種類あって『アグレッシブに行く肉食系』『じっと我慢の草食系』とがあります。要するにどちらでも恋人ができればいいというわけですけど。

ということでまずは世の中にどのような出会いのパターンがあってメリット、デメリットがあるのかを見てみましょう。

恋活大学生が出会う場所:大学内(学部内)

大学生が彼氏、彼女欲しいと思った時に真っ先に思い浮かぶのが大学内での出会いですね。一番手っ取り早い場所として頭に浮かぶのは当然のことだと思います。正直そういったことをモチベーションにして大学の受験勉強を頑張った人もいるでしょう。

しかし大学に入ったもののフリーでいる理想的な相手は非常に少ないです。

当たり前のことではありますが魅力的な人は手にカップルになってることが多いです。残念。

もしフリーでいたとしても競争相手は非常に多いのでゲットするには恐ろしいほどの努力が必要ですしもし友達と競合した場合には友情さえも捨てなければいけない場合もあるかもしれません。

また何かあって別れた場合にも大学4年間は一緒の大学にいるわけですからちょっと気まずいですよね。

メリット:一番身近な場所。一日の中で多く過ごす場所

デメリット:競争相手が多い。別れた場合も4年間、顔を合わせることになる。

恋活大学生が出会う場所:大学内(部活、サークル内)

大学のサークルや部活は大学生活の中で非常に楽しい時間です。夏休みは冬休み春休みなど休みごとに皆でイベントをしたり交流することは大学に入ってからの醍醐味ですね。また同じ趣味を持っているので気軽に何も出来ますし共通の話題で盛り上がることは間違いないでしょう。恋人探しをする上で共通の話題があるということは非常にマッチングする確率が高いですまた長続きする可能性も高いので理想的な出会いの場といえば。

しかしこれもまた何か喧嘩をした時、もしくは別れてしまった時がつらい。もっとつらいことを言えば三角関係になった時など修羅場を見ることになると思います。

部活やサークルは学年もまた違ってきますので、上下関係で下の学年の子に彼氏彼女がとられることも稀ではありません。

一番強烈なのは自分が好きな趣味は興味を持って入った部活やサークルなのに男女関係のもつれから離れなければいけなくなった時は非常につらいですね。

メリット:同じ趣味の仲間の集まり。気が合いやすい。

デメリット: 趣味をやめなきゃいけなくなる。年下年上に彼氏彼女を取られる。大学で顔を合わせなければいけない。

恋活大学生が出会う場所:バイト先

大学生になると多くの人はアルバイトに精を出すようになります。コマーシャルのイメージでアルバイトを始めると『もしかしたら可愛い彼女ができるかもしれない』『かっこいい彼氏ができるかもしれない』何て想像してしまうかもしれませんが現実はそんなに甘くありません。

実際にバイト先で出会える ことは非常に少ないです。

一番の問題はバイト先に同年代の異性がそのくらいいるかということです言ってみてびっくりするぐらい少ないこともあれば、てみたら同性ばっかりだったということもあり得ます。

職種によっては異性が全くいないという職種はあるのですから、期待を持っていっては後で後悔することになります。彼氏彼女が目当てでバイトを始めたのにその候補さえもいなければ毎日辛いバイトになるだけでしょう。

メリット :収入になる。出会えるかもしれない・・。

デメリット: 出会いがない。バイトがつまらない。

恋活大学生が出会う場所:合コン

合コンといえば大学になると数多くの 催されます。 同じ大学はもちろんのこと同じサークル、同じ部活、同じ出身地、同じバイト先、など合コンしようと思えばいくらでもできます。

いくらでもできるというメリットはありますが少人数の合コンになったり、人が集まりすぎてお目当てのこと全く話ができない合コンになってしまったり。ただの飲み会になってしまう可能性もあります。それもそのはずみんな目的が違うのですから当たり前ですよね。盛り上がることは盛り上がるでしょうが、恋人を探してる人にとってはちょっと賑やかすぎて恋愛話のできる雰囲気ではないですよね。

メリット:いつでもどこでも開催可能。

デメリット:目的が違うので恋人ができるか不明。 一回では会う人が少ない。

恋活大学生が出会う場所:遊び場所(街中、お店)

街中で異性と偶然仲良くなるなんてドラマじゃないんですからあるわけないじゃないですかあるとしたら『ナンパ』です。

女性からナンパする事なんてほとんどないですからこれから話すな男性の方にとってはいい恋活方法かもしれません。

安政の形は勇気があるならばナンパをしてみるのも良いでしょう一番のメリットは自分のタイプの人だけで会うことができるということです。パーティーやイベントなどはたまたま好みの人と話ができればいいですけれど、目当ての人と全く話ができなければお金の無駄ですね。

しかし街中では全ての人がターゲットになりますのでタイプだと思う人に思い切って声をかけることができますただし上手くいくかいかないかはあなた次第。

女性はナンパ待ちになるんですけれどきっと寄ってくるのはあなたのタイプじゃない人が多くなるでしょう。それでもいいと言うならやってみてもいいと思うんですけど・・・。

メリット:好みのタイプに声をかけことができる

デメリット:上手くいくかいかないかはあなた次第

恋活大学生が出会う場所:恋活イベント、パーティー

18歳を過ぎると参加できるパーティーなどの質が違うきます。

学生や社会人向けのパーティーがありますがいずれも大学生であれば参加できることをほとんどです。

これは大学生になった時の特権ですね。

都内の高級レストランを借り切って開催されるなど、大人の世界を満喫できますまた女性の参加費は2000円から3000円なのでちょっとした合コンなどに参加したと思いますリーズナブルと言えるでしょう。

実際にパーティーは出会えるのかと言うと多くの男性と出会えます。女性にとっては非常に有利に働く場所です。特に大学生だと長蛇の列ができることもあり一体誰と話してるのかわからなくなることもあるそうですただし男性は結構のお金を 払って参加しているので積極的に声をかけるのは当たり前なんです。あなたが持ってているわけでありません。その辺を勘違いしてはいけないんですね。

ですから彼氏ができる確率としては合コンくらいだそうです。

ただ多くの男性が寄ってきますので男性を見る目が養えるかと思います。

男性に関しては女性の方から寄ってくることほとんどないので気の弱い人は参加しない方がいいでしょうお金の無駄です。

メリット:女性なら参加してもいい。女性にはリーズナブル。

デメリット:気が弱い男性は参加しても無意味。カップルになる確率は合コン並み。

恋活大学生が出会う場所:恋活サイト・アプリ

最近大学生の中でも人気になってきているのが恋活アプリというものです特徴としてはどんなスキマ時間でも恋活をすることができるということと登録が無料なので恋活にかかる費用が格段に少ないということです。

イベントやパーティーちょっとした合コンでも一回 3000円から4000円かかりますよね 恋活アプリは登録無料なので全くの無料でやろうと思えばやれてしまいます。ただ誤解してほしくないのは無料でもできることは限られているので全くの無料でやろうとするのはほとんど無理です。ただ一人一人に合うコストのことを考えれば圧倒的に安いです。

どのくらいかというと1か月2000円以内でできるアプリもありますので、もし3人に出会ったら一人当たり670円ほどです。(昼食1回分くらい)

また一人で家にいながらできるのでこっそりと始めることができます。友達を誘ったり人がいる場所に行く必要がないのでそう言った煩わしさはないです。

こっそりと一人で恋活をやりたいお金を かけないで恋活をやりたい大学生にはとっておきのアプリだと思います。

メリット:いつからでも手軽に始められる。他の恋活ようにコストが安い。

デメリット:安全性の高いサイトを選ばないとコストが高くなる。

もし本当に出会いたいならお姉さんおすすめのアプリを下にご紹介しますのでぜひ利用してみてください。登録も簡単ですよ(笑)

『変わってるね』といわれる私が1か月で4人とデートしたアプリ 登録してから6分23秒で相手が見つかったアプリ 婚活中の方に今すぐお勧めしたいすぐに相手が見つかるアプリ 高収入の男性と結婚したい人が見るべきサイトはこれ!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。