マリッシュ初心者が注意したい3つのポイント

こんにちは。恋活お姉さんです。

マリッシュでかなり真面目に恋活中ですが、今回はマリッシュ初心者が注意したい3つのポイントとして『サクラ』『業者』『ヤリモク』などの危険な存在に引っかからないための防御方法をご紹介します。

実際に利用している会員たちの実体験もありますので是非ご覧ください。

マリッシュにサクラはいるの?

マリッシュはほんとにサクラや業者がいません。

なぜなら『バツあり、シンママ、シンパパ優遇の恋活アプリ』という特殊なアプリなのでまじめに付き合いたいという人が多いからなんですね。

サクラ、業者の標的になりやすい『軽い気持ちでサイトを利用している人』が少なく『まじめに恋愛をしたい人』が多いのでサクラや業者の入るスキが少ないのです。

ですから、今後もマリッシュでサクラ、業者が増える確率は低いと思います。

ただ、全くいないというわけでなないのでサクラ、業者の見分け方法を知っておいた方が身を守るためには必要です。

女性のサクラ、業者の特徴

まず彼女たちの特徴ですが、

  • ブログやサイトを持っているのでそちらに誘導しようとする。
  • 携帯の調子が悪いなどと理由をつけて、別の方法で連絡したいといってくる。
  • 話が全くかみ合わない

といった特徴があります。

彼女たちの目的は『課金をしないといけないサイトで課金させ、運営からお金をもらう』ということが目的です。

彼女たちの目的は『課金させること』ですから、デート当日の直前まで積極的にメッセージのやり取りをさせてトンずらします。

メッセージを送るのに課金が必要なサイトであればデート当日の直前までが稼ぎ時ですよね。結局ほとんどというか全部会うことなく連絡も取れなくなります。

写真もきれいな人の写真が多く、最近では巧妙に3枚から4枚送ってくるので騙されてしまう人が続出。お気を付けを!

男性のサクラ、業者の特徴

まず彼らの特徴ですが、

  • 高収入、イケメン
  • 20代前半、高卒、大学中退
  • 異様にポジティブ
  • 自慢が多い(写真も高級リゾートなど)

が多いです。

マーこれで何を言いたいのかというと『俺!学歴もないけど、20代で金儲けてるぜ!その方法知りたくない?』ということなんです。

事実、ある程度メッセージで話していると必ず『お金稼げるよ』『副業しない?』と誘ってきます。

のっけから職場の愚痴なんて話したら完全にあなたは『カモ』

こういった業者に引っかからないためにも、職業の話は本当に会ってからか、何回もやり取りをした後にしましょう。

マリッシュで見かけた危険人物

マリッシュは6割以上が再婚者です。

再婚者は今すぐ結婚は考えていないけど、結婚を前提とした付き合いをしたいと思っている人が多いんですね。

なのでヤリモクはあったことがありません。

ただ、再婚者全員が悪いわけでないですけど、中には勘違いしている人もいて『結婚してくれ!!』といきなりメッセージが来たり、ストーカー並みにリアルの世界でも探し出してきていきなりFacebookで友達申請と化してくる人もいるので、うっかりそういう異性にいいねを返して面倒なことにならないようにしましょう。

大体、おかしいと思う人には文章が変だったり、漢字が間違っていたり、自分の自慢ばかりだったり、写真がはっきりしていなかったり、年収が低すぎたりといった特徴もあるのでお気を付けを!

マリッシュで気を付ける人は?

マリッシュは本気の人が多いと書きました。

本気なのはいいのですが、余裕がなさ過ぎて怖いと感じる人が一番気を付けなければいけない人たちです。

マリッシュでは24時間365日人の目で監視しているので安全なのですが、アプリ外ではどうしようもありません。

本気すぎて怖いなと感じたらためらわずにブロックすることをお勧めします。

自分の身は自分で守るが基本です。

ここまでマリッシュで気を付けることを挙げてきました。マリッシュは結婚願望が強い方にとってはいい恋活場所だと思います。

会員はまじめな人が多いですし、年代も20-30代なので活発です。運営もしっかりしているし、料金も良心的。

有料会員でなくても無料で異性の会員をチェックできるので自分のタイプがいるか探してみるのもいいですね。

未来の彼氏、彼女がいるかもしれませんよ。

いいね!から始まるいまドキの恋婚スタイル「マリッシュ」/R18


これから恋愛をしてみたいという人は、これらのポイントやエピソードを参考にしてみてください。

また、「簡単に出会いたい」「社内ではなく社外で出会いたい」「サポートしてくれる人を探したい」なら「高給取りな在宅ワーク「テレフォンレディ・チャットレディ」で稼げるの?実際やってる女友達に聞いてみた」も読んでください。

あなたを必要としている人が見つかるかもしれませんよ。