1. ホーム
  2. 出会い アプリ
  3. ≫マリンチャットをひまつぶしでやってはいけない理由

マリンチャットをひまつぶしでやってはいけない理由

先日も記事にしたマリンチャット

私の知り合いの方の息子さん(中3)が登録していたという驚愕の事実

当然削除、退会、そして携帯を取り上げたそうですが・・・心配です※後日怪しい請求があったそうです・・・。

ホントにあった怖いマリンチャットの話です。

ということで再度マリンチャットの実態を調査してみました。

マリンチャットはどんなアプリ

(マリンチャットのAppstore引用)

マリンチャットは「ひまつぶし」専用アプリです。

男女関係なく気が合う仲間を見つけましょう。

実際の出会いを強要する場合や、運営が監視上危険と判断した場合、アカウントが停止される場合があるのでご注意ください。

【こんな人におすすめ!】

・ネット上のみでひまつぶしがしたい人!

・毎日同じ人としか話していなくて退屈している人!

・なんでも話せる友達が欲しい人!

・同じ趣味、趣向をもった人とトークしたい人!

・暇すぎて死にそうな人!



使用方法】

1.まずは20秒でカンタンにプロフィール登録。
2.タイムラインで今の気分をシェアしてみよう!みんなが何をしているかもチェックできるよ!
3.気になった相手のプロフィールを見てみよう!
4.トークをしたくなったなら、”トークをする”ボタンをタップ!
5.トークがスタート!あなたなりのトークを楽しんでね!

【してはいけない使い方】
・誹謗、中傷等を目的とした利用
・性的な内容を含むトークの公開やタイムラインへの投稿
・広告を目的とした内容を投稿
・求人や勧誘を目的としたトーク
・個人情報などを送信する行為
またこれらに反した場合、削除の対象になります。

【注意事項】
18歳未満の方はご利用いただけません。
LINEやKAKAOトークなどのIDをむやみに公開するのはお控え下さい。

以上を読んでの感想は『安全かもしれない』中学生なら『面白そうかも』って思うのかもしれません。

それほど今の中学生、高校生は孤独だし、無知なんです。私の知り合いの息子も含めてですが・・・。

しかし、気が付いた時には遅かったでは本当に遅かったになりますよ。

マリンチャットは有料?

マリンチャット『完全無料のチャットアプリ!』と書いてあります

課金は今のところありませんが、ビジネスモデルとして広告収入から利益を上げるモデルですので、登録情報が漏れることは認識してほしいところ。

今後の展開ではいきなり有料ということにもなりかねないので注意。

マリンチャットは出会い系アプリ?

マリンチャットは出会い系アプリではありません。

『なんだだったら大丈夫じゃん』という声が聞こえそうですがとんでもない。

出会い系は社会問題になったので出会い系アプリですと宣伝するには『公安の許可』がいります。

要するに正真正銘のお上の証明がないと『出会い系アプリ』として世に出すことができないのです。

つまり、マリンチャットは『出会い系規制法』の対象とならないように抜け道を使ったサービスで、実際の中身は出会い系と変わらないどころかそれ以上で出会い目的でアプリを利用している悪質な利用者が多いのです。

出会い系規制法の対象外となっているアプリは今多くあります。その多くは悪質なサイトが多いのです。

出会いアプリで本当に出会った人たちの体験談→出会いアプリで付き合った。そしてその後どうなった?

マリンチャットのアプリはどんなアプリ?

いわゆる友達探しをひまつぶしでやったら?というアプリです。

このひまつぶしというのが巧妙で、気軽に使ってという落とし穴

機能としてはホーム画面からTwitterのようにつぶやくことができそのつぶやきに返信ができたり、さらにはトークすることができます。

規約には『出会い目的のメッセージのやり取りは禁止』されていますが、実際は全く無法地帯。

完全に出会い系掲示板の役割を果たしています。

ここで心配なのはトークは完全に無料でしかも2人でメッセージのやり取りができるので何も制限がないということ。

法律上は出会い系アプリではないだけにやりたい放題です。

ひまつぶしでやって架空請求ウケたらシャレになりませんよ!!

マリンチャットの運営

悪質なサイト運営者の場合、運営会社が足がつかないように開発者の名前を法人名ではなく個人名で登録することがほとんどです。

マリンチャットも開発者は『Hiroshi Chiba』となっており、かなりグレー。

真っ黒に限りないグレー

そしてこのほかにもいくつかアプリの開発をしているので法人じゃないわけないじゃないか!といいたくなります。

そして、開発者の公式サイトはといえば・・。ダミーサイトらしきサイト。これ完全にあかんアプリです。

マリンチャットの実態は?

いったいどんな人が使っているのか調査したところ。

  • 18歳以下の少年少女:生年月日が自己申告なので完全にうそというのが多数
  • 援助交際目的:男性もいますが、援助交際目的の女子大生、高校生
  • 業者:いわゆるネットワークビジネス、ねずみ講です。
  • サクラ:サクラがサクラを勧誘してたりします。サクラならいいんですけど風俗に勧誘されたら逃げれないです

完全に真っ黒に近いグレー!!

マリンチャットの利用で気を付けることマリンチャットは使わないに限る。

それでも使ってみたいという人は犯罪に巻き込まれないように自己責任。

個人的にはマリンチャットの利用は絶対ダメです。

女性なんて本当にしちゃダメ。

無料出会いアプリも使用しちゃだめですけどこれはそれ以上ですね。

マリンチャットの注意点

なんといってもマリンチャットはリスクが高い!!高すぎるって!

人生賭けますか?どうしますか?位に高すぎる!!

そしてマリンチャットは法律的には出会い系サイトではないので本当に気を付けることがあります。

 

逮捕されるリスク

まさかと思っているあなた!しっかり聞いておいた方が身のためです。ニュースにはなっていませんが、逮捕者が出ているのは事実。

それは『刑法第176条(強制わいせつ)』

マリンチャットは登録の時に任意で年齢確認をしますが、本人確認が取れているわけではないので偽って18歳といっていることもあります。

もし万が一未成年とのつながりが深い関係になってしまった場合『逮捕』です。

この場合6ヵ月以上10年以下の懲役となる場合がありますので充分注意してください。

 

恐喝のリスク

利用しようとしている方の中には、ギャルと出会えるなんて最高じゃんと思っている人もいるでしょう。

しかし、『刑法第176条(強制わいせつ)』という法律がある限りこれを逆手に近づいてくる集団もいることを知っておかなければいけません。

というより、逮捕者よりこちらの方が多いのではないでしょうか?

うまく出会えて深い関係となったところで『恐喝開始』です。

どこからか男性が来てこう聞くのです『あんた、未成年とやったね?』『これ犯罪だよ!』『こっちは訴えてもいいんだけど○万円で許してやるよ』

さてあなただったらどうします?警察に恐喝されたと届けますか?

ほとんどの人がしないと思いますよね。こんな恥ずかしいこと自分から言いに行けないですよね。しかも数万円でけりが付くならそれで決着したいですよね。

人間の後ろめたいという心理を突いた恐喝ですが、実際に多発しています。

マリンチャットを利用しようとしている人へ

再度言いますが、マリンチャットは法的に何も届けていませんし、運営もグレー。

利用者も先ほど言ったように未成年者がいる可能性が高いというより、非常に多いので犯罪に巻き込まれる可能性も大。

もし犯罪に巻き込まれなくても、ネットワークビジネスや、最悪風俗関係の勧誘に引っかかったら、本当に人生を棒に振ります。特に女性は絶対利用しちゃいけないサイト。

運営がちゃんとしていれば問題ないですが運営がちゃんとしていないサイトはこういったリスクが一杯散らばっています。

くれぐれも自己責任ですけど出会いたいから、暇だからといって使っていアプリではないです。

もし、どうしても出会いがほしいのなら

もし、本当に彼氏彼女がほしいのなら

もし本当に出会いたいならお姉さんおすすめのアプリを下にご紹介しますのでぜひ利用してみてください。登録も簡単ですよ(笑)

おすすめの恋活アプリNO1を観る 本当に出会える恋活アプリはこれ! 婚活サイト口コミ・評判を見る 婚活サイトランキングを見る

[button url=”http://koikatsu-suru.site/site-marriage-hunting-free/special-occupation/” text=”職業(キャビンアテンダント・医師)で選ぶ婚活” type=”flat” color=”red” width=”wide” icon=”maru-sankaku” align=”left

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.