出会いアプリのプロフィールで最も人気の業種はこれだ!

出会いがほしい!!彼氏彼女がほしい!!

そんな叫びが聞こえるのは春

こんにちは。恋活お姉さんです。

別れの春出会いの春。出会える機会はそこら中に転がっているはずなのに私のところにはやってこない~~とお嘆きの方へ

実は出会いはあるところにはあるんですよ。出会える場所については『今は合コンより出会いアプリが出会える?実はもう当たり前?』に詳しく載せておきましたのでお時間のある時にどうぞ。

今日は場所は場所でも職場、職業についてフォーカスしてみました。

運命の出会いはこの業種

恋愛で必要なのは出会いですよね。出会いがないと何も始まりません。そこで独り身の皆さんが気になるのは出会いの場所。いろいろと探してみると実は業種によって出会いの数が全く違ってしまうのを知っていますか?

今回アニヴェルセル総研が『出会いが多い業界を大発表』ということでアンケート結果を発表していますのでそれを参考に分析してみたいと思います。

出会いが多い業界ランキング

1位は「マスコミ(TV・広告・新聞・出版・音楽)」。2位の「サービス(飲食・旅行・ホテル・ブライダル・航空)」をハナの差で抜いての1位でした。1位、2位、いずれも45%近くの人が、この2つの業界を「出逢いが多い」と考えているのですね。

たしかに、マスコミもサービス業も、華やかなイメージがあり、実際にそこにはいろいろな方面の才能をもった専門家が集い、毎日人々に夢を届けています。その業界に入ればきっと多くの出逢いがあると考えるのも当然かもしれません。

3位に入ったのは「美容・ファッション」。約3割の方がこの業界に「出逢いが多い」とお考えのようです。この業界も常に時代を先駆ける業界です。また、業務そのものが人と人との出逢いをコーディネートする職業ですから、「出逢い」に欠くことはなさそうですね。

4位に入ったのは「商社」。約4人にひとりの方の回答です。商社というとお堅いイメージもありますが、グローバル社会の現代、世界を舞台に活躍する商社マンの姿を考えれば、その「出逢い」も一気にワールドワイドなものとして考えられるのかもしれません。

5位には「医療(病院・介護)」が入りました。医療業務も一種の接客業です。医師と患者やそのご家族との出逢いもあるでしょうし、昨今の医療に求められるのは優秀なスタッフ間のチームワークです。「出逢い」なしには成立しないのが医療だといえそうです。

6位以下は「金融」、「メーカー」、「公務員」、「IT・WEB」、「弁護士や会計士などの専門職」、「不動産・建築・建設」とつづきました。

男女別出会いが多い業界ランキング

このアンケート結果を未婚・既婚の男女別に見てみるとどうでしょう? 各層ごとにまとめた回答をご紹介しましょう。はじめに未婚男女の回答からご覧ください。

未婚者の出会いが多い業界ランキング

未婚男性では1位と2位の逆転はありましたが、概ね、総合の結果と同様でした。
一方、未婚女性では3位に「商社」がランクイン。また、1位の「マスコミ」を選んだ方が50%の大台にのったのも特筆すべき点かもしれません。もしかすると、未婚女性の皆さんはこれらの業界に「出逢いが多い」とイメージしているだけでなく、その業界に就いている男性との出逢いを無意識に望んでいるのかもしれませんね。

次に、既婚男女の回答もご紹介しましょう。

既婚者の出会いが多い業界ランキング

こちらは男女とも、総合の結果と大きな違いはありませんが、やはり既婚女性が1位に選んだ「マスコミ」の53.3%という回答率が突出しています。未婚・既婚を問わず、女性にとってマスコミ業界は「出逢いが多い業界」として映っているのかもしれません。

出会いがあってこその恋愛。

出会いなくしては恋愛も結婚もありません。

あなたがいい出会いをできるように心から応援しています。

これから恋愛をしてみたいという人は、これらのポイントやエピソードを参考にしてみてください。

また、「簡単に出会いたい」「社内ではなく社外で出会いたい」「サポートしてくれる人を探したい」なら「高給取りな在宅ワーク「テレフォンレディ・チャットレディ」で稼げるの?実際やってる女友達に聞いてみた」も読んでください。

あなたを必要としている人が見つかるかもしれませんよ。