合コン週5~月2回へ|出会いアプリで彼女は何を見つけたのか?

こんにちは。恋活お姉さんです。

理想の出会いを探したい。

女性ならそう思うのは当たり前ですね。

彼女、Yさんは都内のIT企業で働くバリバリのキャリアレディ。容姿もはっきり言ってすっごい美人。

そんな彼女の現在の様子を今回はインタビュー形式で書いてみました。

なぜ、彼女は合コンに行ったのか?

実は彼女、週5回は合コンに行くタフな女性。しかもそのほとんどがスタメンで呼ばれるというから驚きです。日々様々な出会いをしてきたというYさんになぜそこまで合コンを繰り返すのか?そして同じ20代の女性の結婚に対する考え方。そのシンプルな結論について聞いてみました。

お姉さん:そもそも、なぜそんなに合コンに行くの?

Yさん:今はそんなに言ってないですけど、昨年は週3~5回ほど合コンに行っていました。最初は誘われて行っていたのですけど、そのうちお友達ができてきてお誘いが多くなって・・・・。それを繰り返しているうちに回数がどんどん増えて。しかもスタメンというのがいてその合コンには必ず呼ぶという人の中に入ってしまったので最後は呼ばれたらスタメンだから行かなくちゃという義務感でした。

お姉さん:そもそも合コンに行くようになったキッカケは?

Yさん:きっかけは当時付き合っていた人との別れが鯨飲ですね。今まで一緒にいるのは普通だっただけに分かれたときは大ショックでした。別れた時は何もする気が起きなかったんですけど、しばらくしたら吹っ切れてしまって逆に反動で出会いに意欲的になってしまいました。意欲的になったのは仕事のほうも一緒で転職までしてしまったので、今思えばすべて変えたかったのかもしれません。そういう中でもっといい出会いをしていい相手を見つけたいと思い積極的に合コンに通うようになりました。

お姉さん:合コンも回数を重ねると、いい人や最低だった人とも出会えたのでは?

Yさん:そうなんですよね。出会っている人がいるはずなんですけど、いい人も悪い人もあまり印象にないんですね。そういえばこの人テレビで見たなくらいな人や、下心みえみえなくせにケチだなとかそういった感じでしか覚えていなくて、もしかすると何かを埋めようといったんですけど、埋められずに、出会いという目的さえも達成できなくて、それが嫌になってきたころに回数も減ったというのが本音です。(笑)

お姉さん:私は人に気を遣うのが非常に苦手で、特に合コンだと気を使っていなければいけないって思いがあるので、なんでこんなことをしなければいけないのだろうって思うことがほとんどなんですけど、そういう風にはならなかったんですか?

Yさん:正直ありましたよ。スタメンとはいえ翌日や終わって家に帰るとどっと疲れる感じでした。先ほども話しましたがスタメンといわれるとなんだか優越感もありましたし、義務感で言っていた面もあります。でも毎回疲れて帰ってきて、いい人も見つけられず、また次こそはっていう感じで毎回通っていたというのはありましたね。はっきり言って悪循環にはまってました。

お姉さん:それで最近はあまり合コンに行っていない、ということ?

Yさん:はい、もう疲れちゃって、悪循環だなって気づいてからは、スタメンだから行かなくちゃではなくて、本当にいい人に出会いに行っているんだから、本当に自分が行きたいところに行って合コンは抑えようと思いました。ですから今では本当にこの集まりはいいかもしれないというときにしか行かないので月1回から2回ですね。合コンでは、どんな人に出会うかわからないじゃないですか。それよりは、先に線引きして、一定のスペック以上の人にだけに絞れる出会い系のアプリのほうにシフトしてしまいました。

お姉さん:出会いアプリですね。私も使っていますが、やっぱり高学歴や高収入ってきにしますか?

Yさん:私としてはとっても大切ですね。付き合う相手は、結婚を考える相手なのでそこがきちんとしてないと。一緒に生活するわけですからある程度のスペックというか能力がないと・・・。例えばいい会社に入っていればそれはそこで認められている能力があるんだなって客観的にわかりますよね。学歴に関してみそれに関して努力はしたんだという評価ができます。そういう線引きをして、より良いひとに出会って結婚、子育てをしたいんです。アプリは先に学歴などで線引きをしたうえで会えるので、とても効率がいいですね。まだまだ、理想の相手には会えていませんけど、その点ではアプリは非常に私にとってあっていると思います。

お姉さん:話を聞いてると印象とは違ってしっかり考えているんだなって印象鵜を受けました。将来のことも考えているし、結婚して子供もほしい、相手はしっかり選びたいというのが伝わってきて最初の印象とは全く違ってしまいました。

Yさん:そうですよね。週5で合コン言っていた私が今こんなこと考えているなんて誰にも話したことがないので・・・。

お姉さん:私も話を聞いていてうなずくことが多くあったんですけど、理想の相手と結婚して子育てがしたいというのは本当に私もそう思うんですけど、今の若い人がそう思っているなんて新鮮です。

Yさん:ちょっと意外だったかもしれないですけど、私の周りのバリバリ働いている人たちの多くが、そうしたい、って思っている人が多いんですよね。私もそうです。しっかり結婚して、ちゃんと子供を産んで育て上げる。それが今、人生の中で一番大事にしている目標です。

お姉さん:早く理想の相手に出会えるといいですね。私もアプリで頑張ります。

Yさん:はい、頑張ります。(笑)

週5で合コン通っていた彼女を変えたのは『理想の相手に会いたい』という純粋な思いでした。最後は『しっかり結婚して、ちゃんと子供を産んで育て上げる。それが今、人生の中で一番大事にしている目標です。』と笑っていた彼女がまぶしく見えたお姉さんでした。

これから恋愛をしてみたいという人は、これらのポイントやエピソードを参考にしてみてください。

また、「簡単に出会いたい」「社内ではなく社外で出会いたい」「サポートしてくれる人を探したい」なら「高給取りな在宅ワーク「テレフォンレディ・チャットレディ」で稼げるの?実際やってる女友達に聞いてみた」も読んでください。

あなたを必要としている人が見つかるかもしれませんよ。