恋活で疲れた男性にお届けする癒しサプリ

恋活の時につらくなって疲れたなって思うのは『全然マッチングしない。出会いがない』という孤独感を味わった時です。

私も恋愛に目覚めた最初のころあったなー。こんにちは。恋活お姉さんです。

フラれた時の衝撃は今でも忘れません。

はっきり言って2,3日間は何もする気にならないですよね。

そんな時にちょっとでも楽になれるように今日は恋活の時に疲れてしまった男性へ送るメッセージです。

苦痛で辛い恋活の疲れをいやす方法

恋活する理由はそれぞれの男性によって違いますよね。

『そろそろ年齢的に結婚を考えないといけない時期に来ている。』

『両親のプレッシャーがすごい』

『同僚や友人が次々に結婚していくので焦っている』

『そろそろ一人も飽きてきた』

社会人になれば皆さん一度は考えたことではないでしょうか?学生時代は時間もあってよかったですが、社会人ともなれば時間も取れずに忙しいですよね。

さらに忙しいだけでないので『恋活』にも集中できなくて結局失敗続き…そうなると恋活が疲れるものとなって苦痛ですよね。

こうなってしまっては本来は楽しいはずの恋活が台無しです。

楽しいはずの恋活をつらく疲れるものにしないためにここでやり方のコツを確認してみましょう。

恋活で疲れたものになる原因:合コン

理由は簡単です。

時間の拘束が2時間から3時間ということに加え、知らない人同士なのでコミュニケーションも取れません。

ましてや、一生懸命その場を盛り上げても、タイプだった子型のやつに持っていかれたなんてことになったら、怒りが込みあがってきますよね。

行くだけでストレスが溜まりますし、時間の無駄です。仲が良い友達で目的がある飲み会ならいいですが、顔合わせ程度の飲み会は回数を重ねたくないですね。

恋活で疲れたものになる原因:悲壮感

余裕がない男性がやってしまうミスの一つですね。恋活でやってはいけない悲壮感が漂う男性ほどひどいものはありません。

恋活につかれている男性は余裕がないので相手を思いやる心がなくなり自分の事で精一杯になってしまい、強引になってしまうなど良いことは一つもありません。

また、ちょっとしたことで不機嫌になるので『この人わがままだな』とレッテルを張られてしまうなどせっかく恋活で活動しているに逆効果となってしまいます。

ここは女性の立場になって、焦らず『後日にまた会いましょう』『今度また食事でも』くらいの余裕を持ちましょう。

少しづつ成功体験を重ねていくことで気も楽になります。

恋活で疲れたものになる原因:チャンスをつかむ

『チャンスの神様は前髪しかない』

そんな言葉聞いたことないですか?女性と知り合って連絡先まで聞いたのにすぐに連絡しなかったがために、連絡つかず・・・ちょっとひどいなー。

相手だって結婚を前提に恋活しているのでせっかく連絡先を渡したのに連絡もないのなら次に行きたいと思うのは当然のことですよね。

チャンスを生かさないと『この人は自分のことどう思っているんだろう』『実は私だけではないのかも?』と女性は疑心暗鬼になるものです。

最悪なのは『からだ目当て』だと思われてしまった場合、もう二度とチャンスはありません。

相手がその気があるのならしっかりとそのチャンスを生かして行為を持っていることを伝えましょう。細かい駆け引きはお互い疲れてしまいますから、シグナルがあったら気持ちを伝えることにしましょう。

恋活で疲れたものになる原因:回数をこなす

なれないことって疲れますよね。中学に入ったばかりの時、それまで自由だった小学校の生活から突然時間割、部活、先輩後輩などがある中学に入った時のストレスったらありませんよね。

また、初めてやる仕事と何回かこなした仕事の疲労感は、初めてやった仕事のほうが疲れませんか?要するにたまにしかやらないことや始めてやることは体力的にも精神的にも疲れてしまうんですよね。

ですが、何回かやるうちに要領もよくなりますし、だんだんと効率よくできるようになります。

恋活も同じです。何回もするうちに慣れてきて要領もよくなります。

絶対今日決めないといけないというような悲壮感や焦りもないですし、余裕が出てくるはずです。

女性から見ても余裕がある人のほうが好感を持ってもらえるはずです。恋活は数で勝負。何回も何回も失敗を恐れずチャレンジです。

恋活で疲れたとならないために

1、合コンは時間の無駄

2、がっついて余裕をなくすな

3、チャンスは逃すな

4、回数をこなして余裕を作ろう

何よりゆったりした心の余裕が必要です。ぜひ余裕をもって恋活を突かれたものにしないようにしましょう。

これから恋愛をしてみたいという人は、これらのポイントやエピソードを参考にしてみてください。

また、「簡単に出会いたい」「社内ではなく社外で出会いたい」「サポートしてくれる人を探したい」なら「高給取りな在宅ワーク「テレフォンレディ・チャットレディ」で稼げるの?実際やってる女友達に聞いてみた」も読んでください。

あなたを必要としている人が見つかるかもしれませんよ。