恋活アプリ ペアーズでマッチング率が5割を超えた!?マッチング率が高い人の秘密

こんにちは。毎日の残業でちょっと疲れ気味な恋活お姉さんです。

そんなことはどうでもいいですね。はー

この頃友達からのメールで『恋活アプリのこと教えて!』というのが多くなりました。それはいいことなんですけど、結構知らないこともあったりしてドキッとなることもあります。

今日はそのうちの一つ『マッチング率』についてお話ししたいと思います。

ペアーズのマッチング率

ペアーズでは公式ページでマッチング率について『10いいね!で1人の女性とマッチング』という発表をしています。

これは男性から女性へアプローチしてのマッチング率ですので1割は平均でマッチングしますよ。ということですね。逆に女性から男性へだと4から5割はするのではないでしょうか?

あくまでも確率論ですから、3割の人もいればほとんどない方もいらっしゃるということで送れば必ずマッチングするというものでもありません。

普通に考えれば全く知らない人から『いいね!』が来たとしてもよっぽどのイケメンとかハイステータスとかでないと即返信はしないですよね。

ですからペアーズで公表されているマッチング率はあなたに当てはまるかはわからないのです。

マッチング率が高い人はどのくらいいるのか?

ペアーズで公表されているマッチング率はあくまでも平均ですから、マッチングが10割近い人もいれば2割の人もいて、まったく来ない人もいるのです。その平均値を出したものがマッチング率となっているので、まずあなたは上位のマッチング率が高い人にならなければなりません。

では全体でどのくらいの人がそういった確率でいるでしょうか?統計学的に言うと2割が上位、6割が中間、後の2割が下位ということになります。

そして悲しいかな、マッチングが起こるのはこの上位の2割がほとんどだという現実です。

ペアーズマッチング率が高い人たちがやっていること

マッチング率が高い人たちが何をやっているのか?プロフィール、写真、自己紹介。これについては十分みんなやっていることなので差別化するのが難しくなっています。

今、彼らがやっているのは『コミュニティ活動』。これは相手が興味を持っていること、趣味でやっていることがすぐわかるので、話題作りには事欠きません。

ペアーズには、約20,000のコミュニティがあり、『甘いのが好き』『カフェ大好き』『夕日をだれかと見たい』『登山部』『サイクリング部』『眼鏡大好き』『寂しがり屋』など様々なコミュニティーがあります。

中には個性的なコミュニティー『やっぱり猫が好き』『海外に住みたい』や『ジャズが好き』など趣味のコミュニティー、『体だけの関係お断り』といった真剣に相手を探しているコミュニティーもあります。

そうした共通のコミュニティーからメッセージでのやり取りから始まってマッチング、そして交際まで発展したという実例は非常に多いのです。

ペアーズのコミュニティーにいくつ入ればいいの?

実はペアーズ独自の調査で驚くべきことに、マッチング率8割を超えている会員を調べたところ、平均20個のコミュニティーに参加していることがわかりました。

マッチング率8割以上の会員参加コミュニティー数

男性:平均21個

女性:平均20個

コミュニティーに入れば入るほど人とのコミュニケーションが大切になりますし、自分の趣味、興味を相手にアピールできるチャンスともなります。そしてこの活動を見て活発に誠実に動いているのなら相手としては信頼できると感じるのではないでしょうか?

自己紹介文やプロフィールでは今現在、他の会員さんとの差別化をすることは難しくなってきています。コミュニティーに参加することで趣味、興味を知ってもらいさらに自分自身がどんな人物なのかを見定めてもらえるチャンスでもあり、今とるべき戦略なのです。

今は、プロフィール、自己紹介を充実させるのは。当たり前、恋活で勝利するためにもコミュニティー活動は必須です

あなたもコミュニティー機能を上手に使って、マッチング率を高め、あなたが出合いたいと思う人とマッチングしましょう。

これから恋愛をしてみたいという人は、これらのポイントやエピソードを参考にしてみてください。

また、「簡単に出会いたい」「社内ではなく社外で出会いたい」「サポートしてくれる人を探したい」なら「高給取りな在宅ワーク「テレフォンレディ・チャットレディ」で稼げるの?実際やってる女友達に聞いてみた」も読んでください。

あなたを必要としている人が見つかるかもしれませんよ。